現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > (国民健康保険)支払う見込みの医療費が高額となるとき

(国民健康保険)支払う見込みの医療費が高額となるとき

『限度額適用認定証』の申請をすれば、一定の金額までの負担になります。

情報発信元:健康課

 医療費が高額となるときは、保険証と一緒に『限度額適用認定証』を医療機関の窓口に提示することで、一つの医療機関での月々の支払いが「自己負担限度額」までとなります。なお、申請手続は以下をご覧ください。

◆対象となる方
(69歳以下の場合)
 ・その世帯に国民健康保険税の滞納が無く、国民健康保険(国保)に加入している方
(70歳以上74歳までの場合)
 ・世帯主と国民健康保険加入者が住民税非課税世帯で、国民健康保険に加入している方
 ・現役並み所得者のうち、課税所得が690万円未満の方(現役並み1、2)

◆申請に必要なもの
 ・世帯主と対象者の個人番号を証明するもの
 ・印かん
 ・窓口に来られる方の本人確認ができる身分証明書
 (顔写真のある証明書は1種類、顔写真の無い証明書は2種類)

◆申請後の手続き
 70歳以上の現役並み3、一般の方には認定証は交付されません。どの区分に該当するかは申請の際に窓口にてご確認ください。
 入院の手続きまたは外来で高額な診療を受ける際に、保険証と一緒に『限度額適用認定証』を医療機関の窓口に提示してください。
 対象となる医療費は健康保険が適用される医療費のみです。差額ベット代や入院時の食事代などは対象外です。
 『限度額適用認定証』の適用を受けても、さらに高額療養費の対象となる場合があります。対象者の方には、郵便にてお知らせしますので還付の手続きをしてください。※1000円以上の給付が見込まれる方へ勧奨しています。
 『限度額適用認定証』の更新は毎年8月です。引き続き必要な方は期限が切れてから8月中に手続きをしてください。(月初めは、国保税の収納状況が確定しないため、交付に時間がかかることがあります。)国保税に未納や滞納がある場合は、交付できません。
 区分「オ」「低2」を交付された方は、入院日数が90日を超えられましたら入院期間がわかる領収書などをお持ちください。


関連書類

※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)

関連リンク

ご案内

ご案内
問い合わせ先 健康課 国保・年金係
電話番号 0763-23-2011
FAX番号 0763-82-4657

カテゴリ

くらしの情報

保健・福祉
国保・年金
  • 最終更新日:2020年6月25日(木曜日) 14時20分
  • ID:4-22-8-9771
  • 印刷用ページ

情報発信元

健康課

電話番号
0763-23-2027

お問い合わせ

ファックス番号
0763-82-4657

この課・施設の詳しい情報を見る

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

     

投票しないで結果を見る

現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > (国民健康保険)支払う見込みの医療費が高額となるとき

このページの先頭へ戻る

お問い合わせこのホームページについて著作権について免責事項プライバシーポリシーサイトマップ庁舎案内携帯サイト